PR取得までどれくらいの期間かかるのか

スポンサーリンク

PR取得にかかる時間って意外に長いコトを知ってますか?

オーストラリアのワーホリが申請当日に受理された僕は、正直かなり甘く見てました。

これはカナダのワーホリを申請する時にも当てはまった事なんですが…

カナダのワーホリ申請については↓(参考までに)

IEC取得しました
米国45第目大統領としてトランプ大統領が誕生しました。米国第一主義を理念とし掲げ、早速TPP脱退表明。僕が米国がTPPを離脱することで思いつく問題は関税です。というか、それしか思い浮かばない...例えば、TPPのメリットは輸出品に関税がかか...

カナダは審査が厳しい。

あくまでもオーストラリアに比べてですけど。

普通に考えば…

移民申請という大きなコトがそんな1日2日という短期間で終わるはずがない。

予め計画的に「申請」する事は当たり前ですね。

皆さまが、行き当たりばっかりの僕と同じ失敗を繰り返さないために忘備録として残します。

PR取得までの時間

2017年現在は申請から1年以内が相場です。

もちろん個人差やタイミングにより違います。

先程PR申請について変更があったと書きましたが、所要時間についても関わってきます。

今までは「国内申請」と「国外申請」ではPR取得までの時間に大きな開きがありました。

国内申請の場合は、最長で約2年。

国外申請で最長約1年。

これには訳があって…

国内申請の場合はPR申請とともにOpen work permitの申請も同時に可能なため、PR申請中もカナダ国内で働く事が可能。一方で国外申請の場合はそのOpen work permitの申請が出来ません。

国内申請と国外申請の違い

国内申請国外申請
利点
  • 申請中もカナダで働く事ができる。
  • カナダへの出入国が自由
  • 国内申請に比べてPR取得までが早い
欠点
  • カナダから出国できない
  • 申請中はカナダで働けない。

*国外申請中に働けない…はウソ。働く場合には、自分でワーホリのようなOpen Work permitを取得する必要がある、

実際僕はVisitoでカナダ入国後、ワーホリを申請しWork permitを取得しました。PR取得までの間はこれで食いつないだ事実があります。

これから申請する人は

とまぁ、ここまで長ったらしく「国内申請」と「国外申請」の違いを書いてきましたが…

これから申請する人にとっては無関係です!

CICのHPも完全に変わってしまい、「国内申請」と「国外申請」に対する内容が消えてしまいました。

これからは「国内」も「国外」関係ないという事です。

↑国外申請の場合
↑国内申請の場合

引用元:CIC website

(あくまで申請からジャッジまでにかかる時間です。)

Visaが下りる所要時間やら考えて国外申請を選んだ僕達の苦労はなんだったんだろうなー。なんて思ったりしてます。

今後は国内申請でも所要時間が国外申請と同じになるので、条件的には国内申請の方がいいかな。なんて個人的には思います。

まとめ

移民申請からPR取得までにかかる時間が減る事は、「申請者」と「カナダ政府」どちらにとっても良い事だと思います。

ですので制度の変更は今後PR申請する人にとってはWelcomeな内容となってます。

しかも申請に係る用紙などが統一されたため、かなり醜かったカナダ移民局のHPが見やすくなりました。言い換えると、欲しい情報が探しやすくなったという事です。

最後に…

2016年12月7日以降の申請については、新しい申請方法を使う事でどちらも約1年でPR審査が終わるようになりました。詳しくはCICのHP「Notice – Faster processing times for spouses and partners」を確認してください。

また申請に関わる時間は「Check application processing times」で確認できます。

(以下のように入力して、「Get processing time」をクリックするだけ。)

引用元: CIC website

PR取得までの時間は約1年間ですね。

コメント

Copyrighted Image

タイトルとURLをコピーしました