バンクーバーで銀行口座を開設しよう

お役立ち情報
スポンサーリンク

外国に一定期間以上滞在するなら、その国の銀行口座を開いた方が便利です。日本のクレカや海外キャッシュでも生活する事は可能ですが、その都度かかる手数料が負担になると思います。それに海外で仕事をする場合には、給料振り込みの口座がどうしても必要になります。またカナダでは少額の日用品や食料品の買い物でさえも、デビットカードで銀行口座から直接カード払いする人が多いのが特徴。銀行口座を開いて給料振り込みを受け、日々の支払いを続ける事がその国での信用を作る事になります。短期滞在が目的の方は口座開設は必要ないので、ここからは無視してください。

カナダのお金

口座開設のメリット

  • 手数料を最小限におさえて、カナダ通貨を持てる
  • デビットカードが持てる
  • 仕事を探せる
  • 海外送金できる

一番のメリットはなんといっても、デビットカード。カナダで銀行口座を開くと、自動的にデビット付帯の銀行カードが付与されます。これで必要以上の現金を持ち歩く必要がなくなり、ほとんどの支払いはこのカード1枚で済みます。後で書きますが…1つ問題が。それは、カナダで付与されるデビットカードは必ずしもVisaやMasterブランドではないんです。それでも生活に困るという事は無いです。

現地提携ATMを手数料無料で使える。給料振り込みを受ける。など、日本で生活する場合となんら変わりありません。

後は日本で所有するお金をどうやってカナダに持っていくか。手数料や為替にもよりますが、海外送金という手段を選ぶ事もできるようになります。

口座開設のデメリット

  • 銀行によっては手数料がかかる
  • 手持ちのカードが増える

デメリットは手数料だけです。何も知らずに大手銀行で口座開設すると、毎月結構な額を手数料として支払う事になるかもしれません。手数料が高いという事は充実したサービス・安心を反映したものでもあるので一概に悪いとは言えませんが…それでもワーホリの人なんかにとっては大きな負担になると思います。

知らないと損するカナダのシステム

口座維持費とデビットカード使用費が別ということ。ほとんどの銀行で口座維持費として、毎月10CAD前後の口座維持費が必要となります。これは銀行によっては無料だったり、口座に一定額以上入金していれば無料になります。そしてデビットカードには、利用制限回数があります。毎月25回まで無料なんて感じです(銀行により回数が違う)。利用制限回数を超えると、その都度の支払い毎に無駄な手数料が発生してしまうので注意が必要です。それでも25回あれば十分な気がするけど。

日本では普通口座でも利子がつくが、カナダの銀行ではChequing accountの場合利子が付かないことがある。正確には自分が開くChequing accountの種類による。それでも現在の日本の利子なら何ら変わりはないですが…

口座の種類

Checking account 日本で言う「普通口座」にあたる。
Saving account 日本で言う「定期口座」にあたる。

普段使いはChequing、貯金はSavingと覚えましょう。この2つの口座は別なので、どちらも必要な場合は口座開設時に一緒に開くことができます。当然ですが、口座ごとに手数料や利用制限が違いますので必ず確認しましょう。Checking account、Saving accountにもそれぞれ種類があります。簡単に下調べをするのと、自分に必要なサービスは何かを決めておくことをお勧めします。

ちなみに…ワーホリや学生であればChequing accountだけでも事足ります。

カナダにある主要Bank

実際に僕が口座を開く上で比較した銀行です。参考までに各銀行のBasicなchecking accountについて簡単に書きます。(プランの数が多くて一つ一つ説明する事は無理)また、それぞれ画像にオリジナルHPへのリンクを張ってます。詳細に調べたい人は直でBank HpへGoです。

 

Royal Bankはカナダで一番大きい銀行です。手数料や維持費は高い。カナダ全土に多くの支店を持つ。毎月の口座維持費は4CAD。月12回までデビット払い及びATM利用が無料。それ以降は一回につき1CAD必要。RBC以外のATM利用で1.5CAD+debit feeがその都度かかる。
香港上海銀行の英語名。イギリスで設立され、現在では世界中に展開。日本でも見かける事が多いのでは。毎月の口座維持費は4CAD。月14回までデビット払い及びATM利用が無料。それ以降は一回につき0.6CAD必要。HSBC以外のATM利用で1.5CAD+debit feeがその都度かかる。

 

カナダのトロントに本社があるカナダの銀行。毎月の口座維持費は3.95CAD。月12回までデビット払い及びATM利用が無料。それ以降は一回につき1CAD必要。basicより一つ上のBasic banking planなら毎月の口座維持費は9.95CAD。口座に2500CAD以上あると無料。月25回までデビット払い及びATM利用が無料。それ以降は一回につき1CAD必要。

カナダのトロントに本社があるカナダの銀行。日本語のHPもあり日本語で対応できる支店がバンクーバーにあるらしい。学生に特別プランが用意されている。また比較的ここで口座を開いている日本人が多い。
バンクーバーに本社を置くカナダ最大の信用金庫。他と比べてサービスが凄いぶん、口座開設はちょっと厳しめ。1000CAD以上口座にあるのが条件で、毎月の口座維持費は無料。デビット払い及びATM利用も無料。

ざっと概要を述べましたが、書けば書くほど混乱しそうです。銀行ごとに強みがあり、ターゲットとしてる客層があるのだと思いました。銀行を選ぶときは、手数料もそうですが住んでいる近くに銀行があるかどうかもポイントになると思います。何かあったときにすぐに出向けるように。あとはATMの数ですね。

僕のお勧め

色々調べたんですが、バンクーバーに住んでいるならCoast capital savingsがお勧めです。Vancityと同じ信用金庫で、他の銀行と比べるとお得です。Vancityとの違いは1000CADのdepositがなくても無料な点です。

支店の数は少ないですが、提携ATMも豊富なので心配無用。(全ての信用金庫とHSBCのATMが無料で使えます)ちゃんとモバイルバンキングもあります。日本で言う新生銀行です。新生銀行を使用してる人なら、その良さがすぐにわかると思います。口座開設は大手に比べると大変ですが、ワーホリの僕でも開けました。そうです。僕はCoast capital savingsの銀行口座を開きました。カードは即日発効です。開設したその日から使用可能です。ちょっと残念なのが、デビットカードにVISAやMASTERブランドが付帯されてないことです。ちなみに利子はchequing acountは0,Saving accountで0.8%です。

口座開設しよう

まずは以下を準備しましょう。

1パスポート
2work permit
3SIN ← SINについてはコチラ

ワーホリを対象に書いてますが、パスポートと自分のVisaを証明できる書類があれば口座開設できると思います。SINについては銀行によりけりですが、あって困ることは絶対ありません。

口座開設の流れ

1.口座開設の予約電話、もしくは直接店舗で予約します
2.手続き予約当日必要書類を持って銀行へ。

どの口座を開くのか。口座の説明。注意事項を聞く。

3.暗証番号の設定インターネットバンキングにアクセスするために、暗証番号の設定。また、銀行設置のATMで暗証番号の変更。

口座開設までにかかった時間は30分くらいです。やり取りは、個別でのマンツーマン形式でした。ちょっと緊張します…

VisaやMaster付帯のDebit cardが欲しいなら

デビットカードがVISAやMASTER付帯でないと何が困るか…

オンラインショッピングや自動引き落としなどのサービスが利用できないことが困ります。僕だけかもしれませんが、ライン漫画のコイン購入やアップルアカウントとカードの連携が出来ないとちょっと…日本のカードだとカナダストアには登録できないんです。

同様に悩んでる人はVisa付きのカードを発行してくれる銀行を選びましょう。RBCやScotia Bank,TDなんかはVisa付きのデビットカードを発行してくれます。

まとめ

銀行口座を開くのに、僕のように時間をかけても勿体ないです。周りの口コミと銀行のロケーションから候補を絞り、その中で必要なサービスを提供してくれる銀行を選べばいいかと思います。それでも悩むという人でバンクーバーに住んでいるのなら、Coast capital savingsでいいと思います。銀行口座を開くことに力を注ぐより、観光する場所探しなんかに時間をかけた方が絶対いい。ここに書いたことは正確だと思いますが、そのまま鵜呑みにせずあくまで参考として判断してください。長文最後までありがとうございました。

コメント

Copyrighted Image