銀歯が外れ…カナダで初めて歯医者へ行きました。

お役立ち情報
スポンサーリンク

休日をEnjoyしてた真っ只中、悲劇は起こりました。

奥歯の銀歯が外れました。

初めからキモイ画像ですみません…

カナダのドデカいグミにやられました…

カナダにくる前、日本の歯医者で入念に検査して貰ったはずでした。

何故このタイミングで外れるんだ…

さらにどうやら銀歯は歯の破片と共に外れたらしく、再使用は無理そう。

強烈な異臭も放ってました。

歯の心配はもちろん、治療費、歯の治療は保険対象外そしてカナダの歯医者事情やらの心配で…ただひたすらグーグル先生に質問ばかりしました。

でも調べれば調べるほど不安が増すばかり…

悪循環でした。

歯がカバーされてない状態はどうしても嫌だったので、翌日空いている歯医者を予約。

本日行って来ました。

今日は僕の実体験を通して、カナダで歯医者の様子を書きたいと思います。

カナダの歯科治療費は高額

まず何と言っても治療費です。

カナダに来る前に入る保険にデンタルプランが含まれている場合は心配無用です。

しかしワーホリでくる人はデンタルプランを含む保険には入ってないと思います。

現地で生活する人でさえも、歯科治療費は現地保険(日本で言う国民健康保険)の補償内容に含まれてません。そのような背景もあり、歯科治療費は全額実費となる事が珍しくなく治療費がかなり高額になります。

カナダの歯医者に行く前に調べた口コミで、歯一本の虫歯治療にかかる料金は200~500CADなどと書かれていました。

歯医者に行く前は必ずアポをとろう

日本でも事前予約は必要ですが、カナダはビジネス要素が高いため飛び入りで訪れても断られる事が多いです。

そもそも早く歯医者の先生に診てもらいたくても、予約がいっぱいで予約がとれる日が1週間先なんて事もあるそうです。

僕の場合は緊急という事を伝えて、無理を言って予約を入れてもらいました。

それでも4件電話して3件には断られました。

そもそもカナダでは歯が悪くなったら歯医者に行くのではなく、定期健診などの予防歯科が目的で歯医者に行く文化があります。

バンクーバーに日本語を話せる歯医者の先生はいるのか

実際にお会いする事はできませんでしたが、日本語を話せるドクターはいます。

グーグルで「日本語 歯医者 バンクーバー」なんかで調べると数件ヒットします。

本当に言葉が心配であれば、日本語が話せるドクターがいれば安心ですね。

参考までに数件載せます。

  • 武内歯科医院
    所在地206-1508 W. Broadway, Vancouver, BC
    電話604-266-4353
    概要日系の医師です。日本語も話し、日本人アシスタントがいます。健保申請代行可能です。
    診療時間月~金(8:00-16:00)、土(9:00-13:00)
  • Dr. Mark Suyama
    所在地Vancouver Dental Clinic
    Unit1B,11-650 W Georgia St, Vancouver, BC
    電話604-682-1601
    概要日系人医師です。緊急対応します。
    診療時間月、火、木(8:30-17:00)水(8:30-18:00) 金(8:30-14:00)
  • Dr.佐藤香
    所在地100-6480 Buswell St., Richmond, BC
    電話604-244-8701
    概要受付から治療まで日本語で対応できます。予約が必要です。健保申請代行可能です。
    診療時間火、水(9:00-19:00)、金、土(9:00-18:00)

実際に僕が行った歯医者ではないので、詳しい内容はわかりません。参考までです。

日曜でも営業してるカナダの歯医者

僕は運悪く土曜の午後に銀歯がはずれました。

当然空いてる歯医者はなく、電話にでて頂いても当日はもう無理だと当たり前のように言われました。痛みもあるので一刻も早く治療もしくは診断して欲しかった僕は日曜でも営業してる歯医者を探しました。

  • Granville Station Dental

日本語対応はありませんが、すぐに電話をして予約をしました。

ここが実際に僕が行った歯医者です。

電話番号などの詳細な情報を書かない理由は…あまりお勧めできないから。

僕のように「どうしても日曜じゃないと困る」という方へ向けた情報です。

バンクーバーの歯医者の中での流れ

受付を済ませ、日本と同じように問診票を書きます。待合室は綺麗。

その後おおよそ時間通りに治療部屋へ案内され、ドクターから簡単な自己紹介と具体的な歯の状況を聞かれます。

口内を診た後、レントゲンを撮りました。

(日本の様にレントゲン室は無く、治療台の上でそのままレントゲンを撮りました。)

ドクターから今後どうするか説明を受け、判断を迫られました。

(説明に関しては僕が理解するまでわかりやすく伝えてくれて好感触でした。しかし抜歯するのか根官治療だけで済むのかは、実際に作業していかないとわからないと言われ正直僕自身で判断しづらかった。診察なんだからせめて具体的にココが虫歯でこのぐらいの大きさだから早く治療した方が良いなどと判断が欲しかった。)

全額実費という事もあるのでしょうか、カナダでは患者の希望が第一です。

(僕としてはドクターのほうから具体的な方針を聞きたかったです。)

歯の状態が悪いのか…今日中に完治させるのは厳しいと判断を受けました。銀歯が外れた場所に樹脂を充填する応急処置だけお願いし、今後の治療内容と料金の見積もりを出してもらいました。

見積もりを聞いて..焦りました…

完治(根幹治療、新しいクラウン作成、修復)で約2500CAD…単純計算で日本円で25万円です。ケタが一つ違うんじゃ…

応急処置の樹脂の充填の際には、患部の消毒も一切なしで本当に樹脂を詰めるだけ。仕上がりも決して満足とは言えない。The 応急処置です。僕が日本で受けたサービスとは雲泥の差です。うがいをするカップもないし…消毒などもなかった事で細菌感染も気になります。

そんなこんなで現在セカンドオピニオンを考えてます。先ほど挙げた日本語の話せる歯医者にお世話になろうかな。料金も比べる事ができればボッタクリでない事も分かるし。もうそうなった場合はまた記事にしたいと思います。

実際にかかった料金

以下が実際の費用です。

First tooth – Caries/Trauma/Pain Contro108CAD
Emergency – Examination and Diagnosis Payment53.60CAD
TTL161.60CAD

初診とレントゲン、穴の充填だけで約1万6千円です。

カナダで歯医者に行こうと思ってる人は参考にしてください。

ちなみに…

今後の治療方針に合わせた見積もりですが、根官治療で約9万円。新しい銀歯作成費用と装着で約16万円。合計約25万円です。

こんな感じです。

まとめ

  • 海外に行く前には歯医者に行って必ず歯の問題を解決すること。
  • 渡航中は虫歯に気を付ける
  • ガムやグミなどを食べる時は銀歯に注意する

渡航中に歯で悩まされないように、予防処置をすることが第一。

万が一に備えて、デンタルプランが補償内容に含まれる保険に加入するのも良し。

ワーホリで海外に行く場合であっても住民票は抜かず、国民健康保険に入ったままでいる。(一時帰国して保険適用の日本で歯の治療を済ませる事が可能。また海外で実費で全額払って治療を受けた場合でも帰国後に申請すれば少額だが還付を受ける事ができる。)

最後は、覚悟を決めて海外で治療する(痛みなどから逃れる方法はコレしかない)。

歯の問題は海外生活をする上で切っても切れない心配毎の一つです。僕の失敗談から対策して楽しいカナダライフを過ごしてください。最後までありがとうございました。

コメント

Copyrighted Image

タイトルとURLをコピーしました