“Whidbey island”の歴史的タウン”Coupeville”ってどんなとこ?

United State of America
スポンサーリンク

Whidbey islandに来て一番楽しみにしてた観光名所がCoupeville(コープビル)という名前の小さな町。Oak Harbeorに行くと決めてからネットで軽くリサーチすると、観光の目玉であるDeception Pass Bridgeの情報がほとんど。

Oak harborに関してはコチラ↓

"Whidbey island"の中心地"Oak harbor"に行ってきた。
2泊3日でアメリカのワシントン州にあるWhidbey islandのOak Harborに行って来ました。Whidbey islandは"ウィッビー"島と読むそう。 Whidbey islandはワシントン州はシアトル近郊に位置する島...

中々いい感じの情報が得られない時に、発見したのが”Coupeville”でした。今回も写真多めで”Coupeville”について紹介していきます。

最初に書きますが、Coupevilleの一番のお勧めはレストランかも。夕食をこの町にレストランで頂いたのですが、めっちゃ美味しかった。ムール貝が有名だそうで、食べてみたんですが味付けが濃い、そして量も多い。さすがアメリカン。美味しかったです。

Coupeville

Coupevilleはワシントン州の中で、最も歴史の長い地域です。Coupeville Museumのすぐ隣には、Alexander’s Blockhouseという1855年に建てられた建物が現在も保存されています。

↑Coupevilleの標識。こんなの見つけるの好きです。

Coupevilleの町は小さくて、歴史を感じれるオールド・タウンって感じですが…

↑Coupevilleのメインストリート。

ちょっと移動すると綺麗な景色・ビーチなどの、大自然が広がってます。これらに関しての詳細はまた後日。↓

アクセス

Oak Harborから車で約15~20分の距離で、Whidbey islandの丁度真ん中に位置してます。Whidbey islandへのアクセス自体、レンタカーなど車がないと厳しいのでアクセスは車一本とここではさせて貰います。

Coupevilleの町に来たいのであれば、Coupeville Wharfとグーグルマップにナビ入力すれば良いと思います。駐車場も多く見かけたので、車を停める場所に関しては困らないと思います。

観光名所

Coupeville自体がめっちゃ小さい町なので、観光名所も限られます。Coupevilleを歩いてぐるっと回ってみましょう。メイン通りには小さなショップが並んでいて、お土産など購入する場所があります。この通りにほぼ全てがあると言っていいかも。レストラン、カフェなど。

↑メインストリート。

Museum

冒頭で書いたAlexander’s Blockhouseが保存されてます。Alexander’s BlockhouseはMuseumの外に保存されているので、入場料を払わなくても見学可能です。

↑Museum

Coupeville Wharf

Coupevilleに行ったら、ココはMustです。桟橋からの景色がいい感じです。

↑Explore!!

↑桟橋から見るCoupevilleの古い建物が、いい感じです。

↑桟橋を渡ると、この建物があります。中にはカフェとお土産屋。

↑建物の裏側。

↑良い景色。

ココは夕方以降に来ると、ロマンチックな雰囲気が味わえる場所ではないでしょうか。

↑晩御飯食べた後に、もう一度写真を撮りました。

お勧めのレストラン

レストランの数が少ないので、滞在日数が長ければ全て行けるかも。どこのレストランも評判が良かったのですが、今回は宿泊したAirbnbのホストのイチオシに行ってきました。残りの2つもAirbnbのホストから美味しいとアドバイスを貰いました。

Coupevilleに行く際、ご飯どこで食べようか悩んだ場合には…是非参考にしてみて下さい。

Christopher’s On Whidbey

宿泊したAirbnbホストのイチオシ。雰囲気のあるファミリーレストラン。毎日混んでいるので、予約ができるなら予約した方が良い。僕達のオーダーを取り終わった頃には満席で、テーブル待ちの列ができていました。

Coupevilleの特産品?がムール貝なので、絶対食べて下さい。クリームソースで濃く味付けされているので、普通に美味しかったです。

あとココはかなり料理のボリュームが多いので注文過多には気を付けて下さい。僕達もスタッフさんから「食べきれないと思うから注文減らした方が良いよ。」と従ったにも関わらず、全部食べ切れずにお持ち帰りした程です。

他のお客さんも同様、みんなお持ち帰りしてました。持ち帰り前提で料理のボリュームを考えてるんではないか。と思ってしまいました。

大満足。お勧めです。

Oystercatcher

Airbnbホストがムール貝だけ食べたいなら、ココだそうです。お店の外観も良い感じでした。

Ciao

イタリアンならココだそうです。

まとめ

Whidbey islandで美味しいムール貝を食べるなら、Coupevilleで決まりなんではないでしょうか。美味しい料理を提供するレストランもあるので、食欲をみたしてくれるのはWhidbey islandではCoupevilleだと思います。

(完全な独断と偏見です。)

Coupevilleの町も小さくて趣があるので、Whidbey islandに行く際はCoupevilleにも訪れるコトをお勧めします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。次はWhidbey islandのアウトドア観光名所について書きたいと思います。

コメント

Copyrighted Image