California Science CenterでEndeavorとKing Tutについて学びました。

Los Angeles
スポンサーリンク

皆さんは博物館や美術館はお好きですか?

僕は海外旅行に行くと、高確率でその場所の博物館や美術館に行きます。別に何が目的で、何が好きという訳ではないんですが…エアコンの効いた場所で、展示物をボーッと眺めるコトが良い感じにストレス発散になるんですよね。

という前降りで、Los AngelesのCalifornia Science Centerに行って来ました。8月のLos Angelesは夏真っ盛りで外はめちゃくちゃ暑い…外のアクティビティをするにも太陽の日差しが強すぎてやる気もおきません。

エアコンの効いた素晴らしい環境の中で色々な勉強、そして新しい体験できる博物館に行くコトにしました。

行ってみてビックリ…

評判以上に素晴らしい場所で、時間があればもっと色々なセクションを見て回りたかったです。今回は期間限定開催中「King Tut」と、「Endeavor」の2つに絞りました。

コレはCalifornia Science Centerのごく一部なので、博物館の内容全部見て回ろうと思うと1日あっても足りない程ただっぴろい博物館でした。

行ったコトない人にはお勧めできる場所です。

California Science Center

Los Angelesのダウンタウン南部にあるExposition Park (エクスポジション公園)の中にCalifornia Science Center (カルフォルニア・科学センター)があります。

↑外観。綺麗で大きい。

同公園内にはCalifornia Science Centerの他に、Natural History Museum of Los Angeles County (ロサンゼルス自然史博物館)、CAAM : California African American Museum、LA Memorial Coliseum (LA メモリアル・コロシアム)、Exposition Park Rose Garden (エクスポジッション・パーク・ローズ・ガーデン)などが併設されています。

California Science Centerは、3階立ての巨大な建物で宇宙はもちろん、動物の生態系や、エネルギーについて学ぶ事ができます。1つのセクションだけでも、かなり充実しており…僕が訪れた科学博物館の中では一番巨大で、内容も一番充実してました。料金も基本的に無料。バンクーバーの科学博物館と比べると…。

↑California Science Centerに入ってすぐ。

アクセス

公共交通機関では電車でアクセスするのが便利。電車 (Metro Expo Line)のExpo Park/USC Stationが最寄り駅、そこから約500mの距離にCalifornia Science Centerがあります。

車でアクセスする場合は、敷地内の有料の駐車場を利用するコトとなります。(支払いは現金のみ=カードは使えません)

普通車PM 5:00 まで$12
PM 6:00 以降$15
大型車・バス$30

詳細はこちら:Directions, Parking and Transportation

営業時間

基本的にAM10:00~PM5:00の間、毎日オープンしてます。

Thanksgiving、Christmas、New Yearsは休館です。

一応、行く前にWeb Pageで確認するコトをお勧めします。

↑駐車場からCalifornia Science Centerに向かう途中、戦闘機が出迎えてくれます。

何があるの?

館内は本当に広くて、一つ一つのセクションがかなり充実してます。全て楽しむには1日あっても絶対足りません。それくらい広いです。

 

いくつかの展示物は有料で、別途チケットを購入する必要があります。以下に、おーまかに館内の展示物をまとめました。

  • Ecosystems (エコについて)
  • World Of Life (生態系について)
  • Creative World (発明について)
  • Air And Space (飛行機と宇宙について)
  • IMAX with laser (映画)
  • Special Exhibits (期間限定セレクション)
  • Endeavor and ET-94 (エンデバーについて)

有料なのは…

IMAX$8.95/大人
Special Exhibits

(King Tut 2018/08)

$29.95/大人
Endeavor$3/大人事前予約が好ましい

Special Exhibitsの料金はその展示物により異なると思います。僕達が訪れた時はSpecial Exhibitsとして「King Tut:エジプトの王様、ツタンカーメン」についての展示されてました。

Endeavorについては、無料チケットを館内で配布してる場合もあるらしいです。混雑時は入場制限がかかるため、オンラインで事前予約した方がいいみたいです。参考までに…僕達は事前予約なしでしたが、普通に入れました (人はかなりいたと思います。)。

料金はプロモコードなど色々あるので、詳細はGet ticketsで確認してください。

King Tut

期間限定で、2019年の1月6日まで「KING TUT: Treasures of the Golden Pharaoh」が公開されてます。

↑展示外ですが、雰囲気だけでも。

King Tut (エジプトの王様:ツタンカーメン)のお墓が発見されて100周年を祝うカタチでの展示会です。まだ終了まで期間が長いので、チャンスがあれば見てみては?

展示内はトコロ狭しと、たくさんの展示物が並べられております。展示物の数が多いので、何か一つは心惹かれるアイテムに出会えるのでは。

オーディオガイドは別途料金が必要です。

興味のある方は、詳細はCalifornia Science CenterのKing Tutのページでご確認してください。

Endeavor

そして言わずと知れた、スペースシャトル「エンデバー」…

その実物がココ=California Science Centerの中にあります。

↑California Science Center 2階にある「Eco systems」セクションがEndeavourのスタートポイント。まずは展示物鑑賞から始まり、一度階段を下りて1階に向かい、その後外に出て別の建物に行くと実物のエンデバーに出会えます。

↑デカい。

↑後ろから。

エンデバーは日本人には馴染みのあるスペースシャトルで、日本人宇宙飛行士の「毛利衛」、「若田光一」、「土井隆雄」さんが搭乗し宇宙に行きました。

California Science Centerのいわゆる目玉で、エンデバー見たさに訪れる人も多いのではないでしょうか?

料金のトコにも書きましたが、エンデバーは有料尚且つ、予約をするコトを推奨されてます。

スペースシャトルの構造やら、エンデバーの歴史、オペレーション方法、宇宙食などについて学ぶコトができます。実物のエンデバーを見るだけでも価値があると思いました。

↑スペースシャトルのシュミレーターみたいな簡単なアトラクションもあります。宇宙に飛び立ち、宇宙で作業して、地球に帰還の流れが5~10分くらいで楽しめます。有料で$6/人でした。

興味のある方はコチラで確認下さい。

まとめ

Los Angelesの暑さに耐えれないときなど、カルフォルニア科学センターは超おすすめ。子供連れなら、尚更お勧めです。日本にある科学博物館より、バンクーバーの科学博物館に比べ、かなり巨大な施設なので充実した時間を過ごすコトができます。

Los Angelesでの観光スポットとして、旅行の計画に入れても損はしないと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント

Copyrighted Image

タイトルとURLをコピーしました