Sunshine Coastの玄関口”Gibsons”を紹介します

Victoria
スポンサーリンク

バンクーバーからサンシャインコーストに旅行に行く際は、Gibsonsが出発地になります。

Gibsonsはバンクーバーとサンシャインコーストを繋ぐ玄関口となってるんです。

実はこのGibsonsですが…バンクーバーで生活する人の間で「退職したら住みたい町」と位置づけされています。

今日はそんな海の町Gibsonsに行ってきたので、簡単に紹介します。

Gibsons

Gibsons(ギブソン)はBC州サンシャインコースト最南端にある町、バンクーバーとサンシャインコーストを繋ぐ玄関口として機能しています。

Wikipediaによると…

世界で最も住みやすい2万人未満のコミュニティ(2009年)と宣言され、国際連合が認める国際社会貢献賞を受賞しました。

小さな町なので人口は少ないですが、カナダ映画の撮影場所にも使われた事があるなどバンクーバーでは知らない人がいない程、有名な場所となっています。

Gibsonsについての詳細情報は:Welcome to Gibsonsを確認。(ギブソンのOfficial HPだと思います。)

アクセス

ギブソンへのアクセスはFerryのみで、車ではバンクーバーからアクセスできません。

West VancouverにあるHorshoebay ferry terminalから、GibsonsにあるLangdale ferry terminalまで片道40分のフェリーを使う必要があります。

Gibsonsの風景

↑Gibsonsの町を作った「ギブソン」さん。↑Gibsonsの町とMolly’s Laneに続く道。
↑ちょっと可愛い観光案内標識。 ↑ここでアイス食べました。正確にはジェラートですが。一番人が入ってる店でした。

まとめ

GibsonsのInformation center周辺を見て回っただけなので、かなり薄い観光内容です。やはり、その町の特徴をしっかり観光しようと思うなら最低丸1日は必要ですね。

僕のように簡単に見て回る程度なら、2~3時間あれば十分です。Gibsonsにはお洒落な通り(Molly’s Lane)があって、日本食屋やイタリアン、アイス屋など飲食店の他にも…お土産屋や衣服店など小さなお店が所狭しと並んでます。

サンシャインコースト旅の始めにGibsonsに立ち寄ってみて下さい。

コメント

Copyrighted Image

タイトルとURLをコピーしました