散歩 English bay編

観光
スポンサーリンク

最近よく歩きます。知らない土地で一番てっとり早く土地勘を養うには歩くのが一番。Google Map片手にGPS頼りに目的地を目指します。

歩きながら辺りを見回すことで、新しい発見やその土地のルールなんかを自然と身に着けていくんだな。と勝手に思い込んでます。

そういう事で今回はバンクーバー散歩編、第2回目です。

これで終わるかもしれないし、続くかもわかりませんが…

読んでください。

English bayからStanley park西側にかけて

今回はEnglish bayからStanley Park西側にかけてのエリアです。

片道3kmの距離で約40分の距離です。

景色は海沿いですので、最高です。また散歩道は自転車と歩行者レーンが区別されているので自転車のスピードは速め。それでも自転車はOne Way(一方通行)なので衝突の恐れはありません。逆に自転車で通る場合は、路面が凍りやすいのでスリップ注意です。

途中の風景

冬のイングリッシュベイ

↑スタンレーパークは右奥の方向です

イングリッシュベイ名物「流木チェア」

カナダガン

↑そこら中にいる

看板1

散歩道

ここから砂浜にもアクセスできます散歩道2(奥が自転車レーン)

看板2

みるからに危険な大木が…崖に

ここだけ丸まって、ちょっと神秘的でした

看板3

イングリッシュベイに帰ってきました
銅像たち

拡大図。

まとめ

本当はスタンレーパークのSea Walkを一周したかったんですが、運悪く道が途中で閉鎖されていました。来た道を引き返す事になってしまいました…

イングリッシュベイとスタンレーパークはバンクーバーの醍醐味なので、歩いて必ず1周してやろうと思います。

個人的には冬の海の静けさも好きなんで、十分に満喫できました。写真には納めることができなかったんですが、途中野生のSeal(アザラシ)を発見しました。その瞬間だけ…子供のようにはしゃいでしまいました。

コメント

Copyrighted Image

タイトルとURLをコピーしました