North VancouverにあるCates Park Beachに海水浴に行ったら、丁度カヌー大会が開催されていた

vancouver
スポンサーリンク

夏のバンクーバーは雨が少ない?

そう思ってしまうほど最近は雨が降りません。

これまでバンクーバーは雨ばっかりで「別名:(Rain)レインクーバー」なんて呼ばれてると散々ブログに書いてきましたが、実は夏季には雨が少ないのか?なんて感じています。

一方で…日本の九州地方(福岡・大分)では大雨による地盤の緩み、土砂崩れなど大きな被害が発生してるそうで現地の人々の生活が不安になります。バンクーバーでも日本の台風被害のニュースが流れていました。

話をブログの内容に戻しますが…

週末に限らず、この時期バンクーバーのビーチには人が溢れています。どこのビーチに行っても駐車場を見つけるのが困難な程、大勢の人がBBQや海水浴を楽しんでいます。

そんな中、先週末にノースバンクーバーにあるケイツビーチに行って来ました。ケイツビーチはノースバンクーバーにあるのでバンクーバー(ダウンタウン側)と比べると人が少なく、少し落ち着いた雰囲気のビーチが多いです。ビーチの特徴としてはさらさらした砂浜というより、ごろごろした砂利のビーチが多いです。今回のケイトビーチも砂利ビーチでしたが、波もほとんどないので家族連れには持って来いのビーチだと思いました。

Cates Park Beach (ケイツ・ビーチ)

ケイツビーチはノースバンクーバーにあるCates Parkの中にあります。グーグルマップで「ケイツビーチ」で普通に検索できます。目的地を「ケイツビーチ」として車を走らせれば、ケイトビーチのあるケイトパークの駐車場までアクセスできます。バンクーバー市内から車で約30分の距離にあるので、思い立ったらすぐに行ける距離です。

 

専用駐車場は基本的に無料でしたが、一部有料の場所もあったので駐車した後は「無料かどうか?」再確認した方が良いです。

ちなみにアクセスは車だけでなくバスでもアクセスしやすい場所です。バンクーバーのダウンタウンから#211のSeymour行きのバスに乗って約45分の場所にある「EB Dollar Rd NS N Dollarton Hwy」で降りて、徒歩10分の場所にあります。

僕達はこのHPをみてCates Beachに興味が沸きました。

ビーチの風景

↑駐車場からビーチを目指します。駐車場はかなり広く、駐車場の数も多い。駐車場によっては車からビーチまで徒歩1分なんて事もあるので、山の中を歩くのが苦手な人でも訪れやすい場所です。

↑ケイトパークビーチの全体案内図。ケイトパーク内にはビーチの他に子供達が遊べる遊具の広場があります。もちろんトイレ/脱衣場も完備されており、Concessionと呼ばれる食べ物(ココはハンバーグ系が多かった)を売ってる売店もあるので、小腹が空いても大丈夫です。

↑ビーチに着いたら現地の人がカヌー大会(大きなカヌー)を開催しており、大勢の観客がいました。←どうりで駐車場がいっぱいで人が多いと思いました。ちなみに帰る時にはガラガラ。ボート大会が終わった後のため。↑今日は天気は曇りで、水も冷たかったです。そんな事は現地の子供たちには関係ないみたいで、陸地にいる親と海に入ってる子供たちと正反対でした。

↑ビーチは大きな岩が多く、砂浜とは程遠いビーチです。

↑海辺から離れても、砂利が多いですね。

まとめ

ケイトパークはビーチだけでなく「トーテムポール」など他の観光スポットもあるので夏場に一度は訪れてもいいかもしれません。バンクーバーから車で30分の距離にあるのでアクセスもしやすい。午後からの日帰りでビーチを楽しむ事ができます。

海自体はあまり綺麗ではありませんでした。バンクーバー(ダウンタウン側)にあるビーチとなんら変わりはありません。なので水の綺麗な場所を求めるのであれば、もっと北の方のビーチに行く必要があるのでケイトビーチはお勧めできません。

ここの利点はアクセスがしやすいのと比較的駐車場所を見つけやすい。ビーチまで歩く距離が少なく、人がそれほど多くない。という事です。

「何か暇だなー。もう昼過ぎか。何かないかなー。」なんて考えてる人向けの場所でした。

次はケイトビーチの近くにあるDeep Coveについて書きます。こちらの方はケイトビーチに比べ、お洒落な場所で、景色も最高でした。

コメント

Copyrighted Image

タイトルとURLをコピーしました