バンクーバーからビクトリアへのアクセス方法を比較

Victoria
スポンサーリンク

愛猫Fattyの鳴き声が可愛くて仕方ないです。

管理人の太ももには中々乗ってきませんが、たまに寝床を作ってゴロゴロいう姿は愛おしいです。

バンクーバーの気温も上げってきて、これから本格的に夏の季節です。相変わらず雨は多いですけど…

今日はバンクーバーからビクトリアへアクセスする方法です。

暖かい晴れの日にフェリーに乗ると海風が気持ちいいでしょうね。

これからがバンクーバー、ビクトリア共の観光シーズンです。

是非お役に立てればと思います。

バンクーバーからビクトリアへのアクセス方法

バンクーバーからビクトリアに行く方法は大きく分けて2つ。

  1. フェリー
  2. 飛行機

フェリーが一般的方法で、普通の人はまずこの方法を選択します。

Vancouver harbourからVictoria harbourまで小型水上飛行機が運行してるので、短時間でビクトリアに行きたい方や空からのバンクーバーアイランドの景色を楽しみたい人は飛行機でビクトリアへ行くという方法があります。

その他にもヘリコプターがありますが、飛行機とほぼ同じと考え割愛してます。

フェリー

BC Ferryが運行しています。

バンクーバーの「Tsawwassen」からビクトリアの「Swartz Bay」まで運行し、フェリーでの移動時間は約90分です。

フェリー内にはカナダのファミレス「White spot」が入っていて、移動中も食事ができるようになってます。またラウンジレストランも用意されているので優雅に過ごしたい方はラウンジ利用をお勧めします。

↑レストランとほぼ同じメニューが揃ってます
↑Chicken Pot Pie

Tender chicken in a home-style broth with potato, carrot, celery & peas baked with a flaky puff pastry. Served with The Spot’s salad.

引用元:White Spot

また軽飲食用の自動販売機も数か所、コーヒーが飲みたい人向けのスターバックスも用意されています。

(カナダ人は本当にスターバックスが大好きです…)

食べ物を食べる所以外には簡単なゲームセンターがありました。

小さなお子様連れの方向けに、簡単な遊具を置いてある場所も設けられています。

もちろん船外に出る事も可能です。

無料のwifiも飛んでいるので、さらに利便性があがります。

外の景色を眺めるのが好きな人に朗報…

運が良ければクジラが見れるそう。↑船内の様子

小型水上飛行機

正直実際に乗ってないんで良く分かりません。

バンクーバーとビクトリアは綺麗な所なんで空から眺める景色はさぞ綺麗なんだろうと推測します。

フライト時間は約30分ですので、もし搭乗する機会があったら人生で一番短いフライトになるんじゃないですか?

小さい飛行機は揺れるけど…

それでも個人的には興味があります。

水の上から離陸して、着陸するのってどんな感じなんですかね?

いつか挑戦したいです。

ビクトリアまでの一般的なアクセスの仕方

ここからが本題だと思います。

ビクトリアに行く手段は分かりましたが、今度は具体的な方法を伝えたいと思います。

バンクーバーからビクトリアまでフェリーで行くと行っても、フェリーターミナルまでのアクセスも必要になってきますよね。

所要時間や料金なんかも気になる点だと思います。

ビクトリアまでフェリーに車を乗せて持っていく事だってできます。

しかし…

今回は旅客とフェリーで行く方法だけに焦点にあててます。

(参考程度に飛行機についても後々ふれますが…)

当然車でビクトリアに行く場合も旅客と同様フェリーに乗る必要があります。

最安ルート

やっぱり最安値がいいですよね。実際に僕が利用するルートです。

乗り換え3回、約4時間半で料金が最安で$21.8のルートです。

(料金は条件によって多少前後します)

スカイトレイン→バス→フェリー→バスと乗り換えるので他の方法に比べ面倒くささが目立ちます。

1Vancouver downtown ~ Bridgeport stationスカイトレイン約20分*$2.10
2Bridgeport station ~ Tsawwassen Ferry Terminalバス(#620)約40分*$0
3Tsawwassen Ferry Terminal ~ Swartz Bayフェリー約95分$17.20
4Swartz Bay ~ Victoria downtownバス(#70,#72)約70分$2.50
合計約4時間*$21.80

まずはスカイトレイン。最寄り駅から到着駅(Bridgeport station)までリッチモンドへ向かうスカイトレインに乗ります。

Bridgeport stationでスカイトレインを降りたら、改札口を出て階段を下っていくとバス停がたくさんあります。フェリーターミナル(Tsawwassen)に向かうバス(#620)は「Bay4」から出発しています。現在は改札口を降りて階段を下ってすぐ目の前左側にありますが、数字の4を探せばすぐ見つかると思います。

↑黄色の丸に黒字で「bay4」と書いてます。

バスはフェリーターミナル(Tsawwassen)の目の前で停車します。到着するとターミナル内でビクトリア(Swartz Bay)行きのフェリー乗船チケットを購入します。(対人/機械どちらもあります)

↑Tsawwassenフェリーターミナル

その後は出発ゲートからフェリーに乗船し、しばしの船旅を満喫してください。フェリー内は広くて飲食店や自販機そしてラウンジがあります。また子供さんには簡易的な遊具やゲームセンターなんかも設備されています。もちろん船外にも出れるので海の綺麗な景色も楽しめます。運が良ければフェリーの上からでもクジラやアザラシが見れるかもしれません。

フェリーがSwartz Bayに到着して、フェリーターミナルを出るとすぐ右側にビクトリアのダウンタウン行きのバス乗り場があります。僕が乗ったバスは2階建てのバス(#72)でした。

↑Swartz bay↑バス乗り場↑ダブルデッカーバス

後は終点まで乗るのも良し、宿泊施設の最寄り駅で降りるもあなた次第です。

最安を目指すなら休日がお勧め

これには理由があり…

バンクーバーの公共交通機関の料金体系が関係しています。

休日/祝日はコンパスカード利用で90分以内なら、バスでもスカイトレインでもフェリー(BCferryは除く)でも乗り換え自由でZone1の料金($2.10)だけで利用できるようになってます。

詳しくはバンクーバーのTranslinkのHPで確認してください。

よって…

  • コンパスカードの有無
  • 平日または休日

によって料金が多少変化します。

もちろん休日は安いぶん、利用客も増える傾向があります。また休日に旅行に行く人が普通に考えたら多いと思いますので、この値段の差だけでビクトリアに行く日は決めない方がいいと思います。

実際、ビクトリアの有名観光スポットであるLegislative Buildings(BC州議事堂)内の無料ツアーは平日のみとなってます。

折角の旅行でイベントを見過ごすのは嫌ですよね。

最速ルート

フェリーを使った場合の最速コースです。

BC Ferryが直接運航する「BC Ferries Connector」というスケジュールバスを利用する方法です。

バンクーバー側ダウンタウン(Pacific Central Station)からビクトリア側ダウンタウン(Capital City Station)まで乗り換え無しで、合計4時間でかかります。

(上記最安ルートと比較しても30分くらいしか違いがありません)

料金は基本的に大人一人片道で$47.5+5%(GST)の合計約$50です。

(最安ルートのおよそ3倍です)

メリットは何と言っても面倒くさい乗り換えが必要ない事です。

出発場所がわかれば確実にたどり着きます。

注意点は、バスの席に限りがあるので予め電話予約する必要があることです。現在ネット予約は無いようです…

詳しい情報やご予約はコチラから。

小型飛行機で行きたい人

どうしても飛行機で行きたい人は「Harbour」と「Helijet」を利用できます。

フライト時間は約40分です。料金は、シーズンによって左右されます。また小さい飛行機なので座席数に限りがあります。

車を持っていきたい人

もちろん車をフェリーに乗せてビクトリアまで行く事もできます。

日本と同じように、車の大きさによって値段が変わってきます。

(参考までに…普通車ホンダシビックで$55.80です。これは自動車のみの料金で人や税金は含まれてません。)

注意点が…

  • 予約は10日前までに。
  • 当日は1時間前くらいにはフェリー乗り場へ。

予約する日によって「Reservation fee」が発生します。乗船する日の10日前までは$10、当日だと$21別途必要になります。

また乗船する日は出発時間60分前からチェックインが可能になり、30分前にクローズします。

ビクトリアは小さい地域ですので、車が無くても十分楽しめますが…車があれば便利な事に変わりないです。

詳しく知りたい人は→BC ferry HPで。

まとめ

単なるビクトリアへのアクセス方法をつらつらと書きました。

こんな内容でも最後まで読んでくれた方には感謝です。

ビクトリアに興味がでたら…ビクトリアの旅行記はこちら↓

カナダのビクトリア旅行(3泊4日)
カナダの中でも特にイギリス文化が色濃く残る都市ビクトリア。 1年を通して温暖で過ごしやすい気候もあってか、カナダ人にも人気の都市です。都市の至るところに綺麗な花が咲いており、別名ガーデンシティなんて呼ばれています。 そんなビクト...

最後に…

フェリー自体は非常に良い経験になります。

単なる移動なんですが、ただ座ってるだけでなく動き回れるフェリーでの時間も観光の一つになります。

一度はどうぞ体験してください。

コメント

Copyrighted Image

タイトルとURLをコピーしました