Puerto vallarta旅行 – 5-6日目 (Sayulita)

Puerto Vallarta
スポンサーリンク

Puerto Vallartaでの休暇も折り返し地点にきました。楽しい時間はあっとゆーまです。バケーション5日目はホテルリゾートでゆっくり過ごすしたのでブログに書くコトは特に無い…という事で5日目と6日目をまとめて書いていきます。

6日目にはSayulita(サユリタ)と呼ばれる場所に行ってきました。Puerto Vallartaでサーフィンするならココっていう場所です。綺麗で可愛い町だったので興味があれば読んでください。

Puerto Vallarta 5日目

いつものように朝10時頃ゆっくり起床します。その癖11時からパドルボードの予約をしていたので大急ぎで支度に追われます。朝食を部屋で食べて、水着に着替えてパドルボードの受付に向かいます。ここまで1時間…もっと早く起きればよかった。

僕達の宿泊したホテルではダンス、ヨガ、料理教室など様々なイベントが開催されており、無料のモノもあります。今日僕達が参加するパドルボードのレッスンは無料で週に2回計画されてました。ホテル内のプールを使って1対1でレッスンを受けます。パドルボードは大きいサーフィンボードの上に立って、オールを漕ぐスポーツです。簡単そうで楽しそうという理由で、ずーっとやってみたかったスポーツだったので、今回が初挑戦でした。実際やってみるとすぐにコツを掴めて予想以上に楽しかった。レッスン自体は1人約10分くらいで終わった人から解散オッケーというシステム。道具も全て無料。

一通りレッスンでパドルボードのイロハを学んだ僕達は、すぐさま海で実践するコトに。パドルボードに必要な道具(ボード、オール、ライフジャケット)は無料で貸し出しされており朝方からお昼にかけて比較的波がない時間だけレンタルできるシステムでした。

海はプールと違って、難易度は上がりましたか、数回転覆する程度でした。妻はというと怖いもの知らずなのか…一人ではるか遠く沖の方まで進んでいきます。それに一回も転覆しない。僕は海の中の生物にさえ恐れを感じてあたふたしてるのに、妻の度胸には驚かされました。僕の方が心配で「頼むからそれ以上遠くに行かないでくれ」と内心心配に。

実際パドルボードの上から大きなクラゲとエイを目撃。エイは危険生物なので要注意が必要と事前説明を受けていたので、見かけた瞬間はドキっとしました。また魚が跳ねる姿もみる事ができてパドルボードをより一層楽しめたような気がします。

後りの時間は、海でのんびりと過ごしたりプールに入ったりと。レストランで夕食を食べて5日目終了。

Puerto Vallarta 6日目

この日も朝10時頃起床。今日はPuerto Vallartaから車で約1時間の距離、僕達のホテルのあるFlamingo(Nuevo Vallarta)からは車で約45分の距離にあるビーチタウン(SAYULITA)に行きます。目的はサーフィン。サーフィン初心者だけど、Sayulitaがサーフィンメッカと聞けば挑戦するしかありません。

Sayulita (サユリタ)

SayulitaはPuerto VallartaやNuevo Vallartaの北側にある小さな町で、サーフィンのメッカとして有名な場所です。ビーチ目的で訪れた場所でしたが、ビーチ沿いにあるレストランやお土産屋などのお店はどれも良い感じで日帰りするには勿体ない場所でした。出来れば1泊2泊はしたい場所です。簡単に言えば、ハワイに似た雰囲気を持つ場所です…まぁビーチ沿いの町並みなんかはどこも一緒か。個人的には超おすすめです。

Sayulitaの風景

↑Sayulita到着後タクシー降りたところ。

↑ビーチ沿いの通り。両側にレストランや雑貨屋がたくさんありあります。

↑短い通りを抜けるとサユリタビーチ。写真ではわかりづらいですが、サーフィンしてる人がたくさんいます。砂も細かくて歩きやすいビーチです。水はそんなにクリアではなく普通でした。

↑パラソルも有料です。レンタルしたくない人は…タオルとサングラス、帽子なんかは絶対あった方がいいです。

↑綺麗にペイントされた建物がたくさんあります。

↑このTシャツが欲しかった。地名とか書いたTシャツが好き。

↑アイス食べたくなるよ。

↑という事でアイスではなく、モヒートを頂きます。

サーフィン

↑今回は飛び込みだったので、片っ端からサーフィンレンタルしてる場所を探しました。二人で3時間で約1万円。マンツーマンでのコーチングでスパルタで次の日には筋肉痛。良い人達で会話も弾みました。日本人勧誘したいから日本語教えてくれとの一面も。

↑初心者は大きなサーフボードがいいらしい。小さくて細いやつが格好いいんですが。

絶対に食べて、フィッシュタコス

サーフィンを教えてくれたお兄さん達から聞いて、訪れたフィッシュタコスのお店。ビーチに入るすぐ手前の場所にある「Aloha bar」というレストランで昼食を食べました。ここで頼んだFish tacoは魚の身が大きくカットされていて量も普通以上で食べ応えがありました。

サーフィンの兄ちゃんたちもよく行くそうで、Sayulitaでは一番のFish Tacoのお店とのコト。ビールもあるし、景色も海を見ながら食べることができるので疲れた時にはおすすめ。

是非どうぞ。

↑お店の風景。

↑イチオシのフィッシュタコス。

格安の路上チュロス

Sayulitaの町中には美味しそうなレストランがたくさんあるんですが、レストラン以外にもちらほらと屋台を見かけました。その中の一つに美味しそうな臭いを漂わせていたチュロスの屋台に挑戦。一つ10ペソで格安。出来立てのチュロスなのでめちゃウマ。本当は2人で1本のはずが思わず、もう1本おかわりしてしみました。

チュロスを売ってるおじちゃん、おばちゃんも良い感じの人で10ペソにも関わらず、「ありがとう」とお礼を言ってくれて。良い人たちだなと感じさせられました。そういう人がらもあってか、結構賑わっていました。

↑the 屋台。

↑遠目からもう一枚。

Uberだってあるよ

これはSayulitaからホテルまで戻る時にわかった事なんですが、Puerto VallartaにもUberはあります。Taxi乗り場が町の中心にあるんですが、料金はSayulitaに行くときより高めに設定されており、アクセスも悪い立地なので値段交渉は難しいと思います。実際頑張ってみたんですが、向こうも強気で指定された金額以下なら他を当たれとの返答でした。バス乗り場を教えて貰い、バス停を目指します。(但しバスの本数は少ない。かなり待つらしいとのこと)

バス停まで歩いてる途中で、Taxiらしき車(白い車で見た目はタクシーと一緒、運転手が制服を着ていた)を発見したのでダメ元で聞いてみたら。先ほどタクシーに指定された値段より安かいと思ったら、なんとUberでした。たしか値段は250ペソでした。予約も入ってないため、そのまま乗せてもらいました。

但し、タクシーと違ってホテルの敷地内までは連れていけないなどの条件があります。それでもかなり便利なので、Puerto Vallartaで携帯(SIM)を契約する場合はUberのアプリをダウンロードしておけば便利かなと思います。

まとめ

SayulitaもNuerto Vallartaに行く場合は旅行計画の一部に組み込むコトをお勧めする場所です。サーフィンする人(したい人)にはお勧め。初心者から中級車くらいのレベルの人ならかなり楽しめると思います。道具は全てレンタルできるし、サーフィン教室がいたる所にあります。もちろんレッスンを受けずに、道具だけでもレンタルできるし、その方が料金もだいぶ安いです。ただ…ちゃんとしたレッスンを受けたい場合は評判の良いサーフィン教室を選ぶ事をお勧めします。ビーチの中でパラソルを開いて運営してるところより、ビーチ沿いにある建物の中にあるサーフィン教室の方がセキュリティはもちろん、シャワーなどの設備も充実してると思います。

後は…Sayulitaに訪れた場合には是非Fish Tacoを食べて下さい。美味しかったです。今回のメキシコ旅行で食べたタコスの中では間違いなくナンバー1の味でした。

コメント

Copyrighted Image