ワーホリだってクレジットカードが欲しい

お役立ち情報
TechPhotoGal / Pixabay
スポンサーリンク

久しぶりの投稿になります。

カナダに来てからというもの…

何を買うにしても、現金を使うことが減りました。

逆にコーヒー1杯でもカード払いは当たり前な国なので、日本に比べてカードで支払う機会がかなり増えました。

いかにカナダがカード社会であるかが身に染みてわかりました。

またカナダはデビットカードもクレジットカードと同様に普及してるので、クレジットカードがなくても特別生活に不都合は起こりません。

そしてデビットカードであれば、ワーホリの様な一時滞在者でも比較的簡単に作る事が可能です。

しかしカナダで発行されるデビットカードにはVISAやMasterといった国際的ブランドが付帯されていない為、Amazonやebayといったオンラインでの買い物ができないといった不都合があるのも現実です。

オンライン支払いだけでなく、盗難補償や短期の旅行保険などの付帯、そして0から始めるカナダの生活を考え…今後のためのクレジットヒストリー構築を念頭にクレジットカードも1枚欲しいという考えから、ワーホリでも現地クレジットカードが持てるかどうか確かめてみました。

カナダにおけるクレジットカードの特徴

一般的な使用法や制限については日本と一緒。

ただ一つ違う点は「支払い」について。

日本ではあらかじめ支払い回数を指定して商品を購入しますが、カナダでは支払い回数を決めるような事はありません。

使用した分だけきちんと支払う一回払いが一番良いのですが、支払いが困難な場合に於いては必要最小限だけ支払い…残りは次回以降に繰り越しが可能です。

日本で言う「リボ払い」が一般的となっています。

この事から購入金額を一括で支払う必要がないため、クレジットカードでの買い物が誰でも簡単にできてしまいます。

ただ注意しなくてはいけないのは…「金利」です。

支払いが遅れた分だけ金利を多く支払わなければいけないという事を忘れずに。

そして…

クレジットカードの支払いは自動的ではないという事。

銀行のATMやオンラインを通じて自分で支払う必要があります。

日本の様にクレジットカードを作る時に引き落とし口座を設定しないため、銀行引き落としはありません。明細を取得した日から支払期限の間に支払う必要があります。

デビットカードとクレジットカードの違い

デビットカードは銀行口座に入ってる額だけ使用可能。またデビットカードの使用の度に銀行口座から即天引きされます。カナダにおいてのデビットカードはChequing口座からの支払いが基本で、デビットカードを発行する銀行によってデビットカードの利用ごとに手数料がかかる場合がある。利用時にはカードを毎回機械に挿入し、暗証番号を入力しなくてはならない。

クレジットカードは月毎の清算が一般的で、利用制限額の中で使用可能。利用手数料はゼロな場合がほとんど。支払い時には100CAD以下の少額支払いの場合では暗証番号の入力が不要で「タップ」して支払うことが可能。

後々カナダで生活しようと考えてる人のために知って欲しい事は…

VISAやMaster付帯のデビットカードであっても、クレジットヒストリーは作れない。クレジットヒストリーが欲しい人は必ずクレジットカードを持つ必要がある。その際にはVISAやMasterといった国際ブランドは関係ない。カナダで現地のクレジットカードを持つという事が大切。

クレジットヒストリーとは

情報(履歴)であるクレジットヒストリー及び、クレジットヒストリーによって計算されるクレジットスコアは、生活を大きく左右する指標となっている。クレジットカードの取得の可否やローン審査における金利への影響、部屋の賃貸、さらには就職活動にも影響を与えるという。クレジットレポートが無ければ、いくら現金を持っていても信用してもらえず、部屋は借りられない。クレジットスコアが低ければ、ローンの金利は10%以上も高くなり、就職には困難が伴う。

引用元:Wikipedia

簡単に言えば「信用」です。

その国に於いての自分の価値といっても過言ではありません。

クレジットヒストリーを元に、どんな人か判断されます。

いくら現金を持っていようが、関係ありません…

信用がゼロなので…

住宅や車の購入時に信用が無いために、高い金利を要求される事もあるそうです。

そういった理由から…カナダに長く住むと決めた人は今すぐにでもクレジットカードを作るべきです。

なぜならクレジットヒストリーは毎月の支払を確実に済ませ、地道にスコアを高めていくしか方法がないからです。

良いクレジットヒストリーを作るために注意したいこと

クレジットカードを作れたからといって、どんどん利用して言い訳ではありません。良いクレジットスコアを得るためには以下の点に注意しましょう。

  • 毎月かならず数回は使用する
  • 利用制限額いっぱい使用しない
  • 支払いを忘れない
  • 自分の名義のクレジットカードを持つ

当たり前の事をずらりと書きましたが、これらを継続する事が大切です。ここで僕が特に注意して欲しい事はクレジットカードは必ず自分名義のものを持つという事です。

人によっては自分のクレジットカードが作れず、パートナーのクレジットカードに便乗して自分の名前のクレジットカードを持つという人もいると思います。

日常生活でこまる事はありませんが、これでは自分のクレジットヒストリーは作れません。無理してでも、必ず自分名義のクレジットカードを作りましょう。

ワーホリでもクレジットカードを作れる場合がある

ここからが僕の実体験をもとにした記事です。

色んなサイトでカナダ現地でクレジットカードは発行して貰うにはPRカード(永住権)が必要と記載されてます。多分本当の事ですが運が良ければワーホリであってもクレジットカードを発行して貰える場合があるという事実を書きます。

作れるクレジットカードは限られる

クレジットカードの魅力は支払い方法だけでなく、カードに付帯する内容です。

日本では様々なクレジットカードが発行されており、あなたのライフスタイルに合わせたクレジットカードがあると思います。例えば飛行機で旅行する機会が多い人であればマイルが溜まる航空系クレジットカード。ガソリン代を浮かせるために給油毎に割引のきくエネオス系カード。楽天オンラインで購入する機会が多い人にはキャッシュバックが豊富な楽天カードといった具合です。

そんな魅力的な付帯のついたクレジットカードは審査が厳しく、ワーホリ程度ではまず無理です。このようなカードは充分にクレジットヒストリーを構築した後に我慢して、すっぱり諦めましょう。

ずばり…

ワーホリで作れるクレジットカードは銀行系クレジットカードです。

自分が口座を開いた銀行こそが、あなたの個人情報を元にクレジットカード作成を援助してくれます。銀行系クレジットカードでも色々な種類そしてカード毎の付帯があるので担当者と相談して決めましょう。

実際に僕がクレジットカードを発行して貰えた時のステータス

何故クレジットカードを発行して貰えたのかは不明ですので、申し込み時のステータスから予測したいと思います。

  • 銀行に初めて口座を発行してから2ヶ月経過
  • 仕事を始め、最初の給料を貰った
  • 銀行口座に50万円ほどの残高があった
  • ワーホリのVisaの有効期限があと10ヶ月あった

一番大きい点は仕事だと思います。仕事といっても僕の場合はフルタイム(正社員)ではなくパートタイム(バイト)ですが…きちんとした会社に努めて給料を貰えるという事実が「信用」という意味で大きいのではと思います。

また銀行口座にある程度の額が入ってる事で、支払い不可になる可能性が減るという風に考えられた。そしてカナダにあと10ヶ月は滞在するから、現地クレジットカードを発行しても意味があると銀行員に考えられた。

単純に銀行担当者による所が大きいのですが、1つ駄目でも別の支店や銀行で再チャレンジも有りだと思います。僕の場合は「多分大丈夫だよ。」と簡単に申し込み用紙を記入してくれました。

クレジットカードがダメでも、セキュアカードがある

カナダには「セキュアカード」というシステムがあります。

これは銀行口座にあらかじめ補償金を入れる事で、その補償金の範囲でクレジットカードを利用できるというシステムです。これによって銀行側もクレジットカード使用後の支払い未納も防げるので、クレジットカードが欲しい人と銀行側でWinWinな関係を保てます。

僕の銀行では1000CADの補償金を入れておけば、毎月500CADまで使用可能という事でした。但し最初に入れた補償金には手を出す事はできず、ある程度の期間(信用が高まるまでの間)は返金されません。

それでもクレジットカードを持てるという可能性がセキュアカードによってぐーんと高まります。

僕の場合は…

「クレジットカードを申し込んで、ダメならセキュアカードの手続きに入ろう」と担当者に言われましたが、無事にクレジットカードを発行して貰う事ができました。

実際に発行して貰えたクレジットカードの内容

申し込んでから約1週間でクレジットカードが手元に届きました。

ちゃんと希望通りのVisa付帯のクレジットカードでした。

その内容は…

  • 年会費は「無料」
  • 利用限度額は「500 CAD」
  • 金利は「19.9%」
  • 短期の海外旅行保険付き

利用限度額は見て分かるように、かなり少ない…

それでも目的がクレジットヒストリーなので一応は良しとしよう。

金利が高いので繰り越し返済をせず、毎月1回払いで確実に返済したい。

 現地クレジットカードを持つメリット

日本のクレジットカードがあるのに、何故カナダのクレジットカードを持つ必要があるのか…

ずばり「クレジットヒストリー」を構築するため。

その他には…

  • 日本のクレカ利用時に発生する手数料を節約する
  • 為替レートが悪い場合に日本のカードを使うのを控えたい

海外で日本のクレジットカードを利用すると、支払い金額の数パーセントが(約1.6%)が事務手数料として余分にかかります。ほんの少しの額ですが、塵も積もれば山となるという事で馬鹿にできません。

それでも現在は日本円がカナダドルに比べてかなり強いので、この手数料くらいは為替でカバーできる範囲と僕は考えます。

よって…短期滞在者には正直メリットはありません。カナダで生活するうえで日本のクレカだけで十分間に合います。

だけど先程も述べたように、この先カナダで長く生活する気持ちのある人は一刻も早く現地クレジットカードを作りましょう。

海外旅行にお勧め、日本発行のクレジットカード

一時滞在が目的なワーホリや観光Visaでカナダにくる人にお勧めな、日本発行クレジットカードのラインナップです。ここに有る無し限らず、必ず1枚はクレジットカードを持って渡航しましょう。

楽天カードは誰しもがお勧めする超優良カードで、年会費も無料。クレジットカード発行審査も緩めです。また年会費1万円のゴールドなら海外空港ラウンジを無料で使用できるプライオリティパス付きです。

三井住友VISAカードも超有名所ですね。これは航空系クレジットカードとしてマイルも貯める事ができます。

まとめ

カナダで生活するには1枚は持っておきたいクレジットカード。

日本のクレジットカードでも良し、現地のクレジットカードでも良し。

今後の自分の生活を考えてクレジットカードを持つ事はとても大切です。

何度も書きましたが…

「信用」=「クレジット」です。

最後にワーホリからカナダ永住権を目指す人に知って欲しい事…

ワーホリだって条件や運次第ではクレジットカードを発行して貰える。

簡単に調べた情報だけで判断せず、一度専門家に相談しにいきましょう。

時代は変わっていくので、前がダメでも今は違う可能性が…またその逆もしかりです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

Copyrighted Image

タイトルとURLをコピーしました