航空券購入!

melborune
27707 / Pixabay
スポンサーリンク

ついに念願のメルボルン行き航空券をGETしました。

色々悩んだんですが…

片道航空券にしました。

片道航空券の理由

何故この時期まで購入を検討したかと言うと

燃料サーチャージがその理由です。

4月1日から、燃料の値段が少し減額という事で、今日まで我慢してました。

結果から言うと…

先日より3000円ですが、価格が安くなってました!

購入した航空券は、カンタス航空のもので…

片道航空券の値段は45000円。

これに燃料代、空港使用料、その他税金を足して

合計62000円でした!

qantas

オーストラリアは片道航空券だけでも入国できるそうなので、

帰りの航空券を何時でも買えるだけの資金は常備したいと思います。

出発は約1ヵ月後

キャンセル不可の航空券なので、後戻りできません。

(そもそも、その選択は出来ないが…)

 

航空券を購入するときに、考えた事を書きます。

僕が検討した航空券の種類

①正規航空券(航空会社のHPで購入する)

1年間有効、予約変更・経路変更・航空会社の変更・払い戻しなどが可能。

時期、季節による 料金の変動はなく、どこで購入しても金額は一緒。

②片道航空券

普通海外に行く場合は、帰国便も合わせて購入する往復航空券が主流。

ワーホリや移住または、各国を周る場合などに便利な航空券。

③OPEN航空券

出発後に帰国日の変更が出来る航空券。

(出発前に帰国日の確定の必要がない、最長1年間くらが目安)

④FIX航空券

出発前に利用する全便の予約を確定し、出発後には帰国日の変更が出来ない航空券。

⑤FIX OPEN航空券

オープンとほぼ同じだが、復路便の予約を事前に必要とし、現地での日付の変更は可能になる。

⑥割引航空券(Expediaなどの代理店を通して購入する)

価格が安いことから人気の格安航空券。

基本は、帰国便を確定した短期間のFIXタイプの航空券が主流だが、有効期限が長いものや、帰国便 が変更可能なもの、片道航空券など  様々な種類がある。 金額的には破格のものが出回る時もある反面、繁忙期などはほとんど取れない上に高い。

 

僕のスタンスは…

「できるだけ安い値段で飛行機に乗る」

これが一番重要になるので、基本的には旅行代理店などを通してパッケージ商品を買う事が多い。

しかし…

今回はワーホリ、約1年間はメルボルンにいる予定。

よって、旅行代理店などで、1年間有効(帰国日が1年後)の格安航空券を探すのが大変。

(そもそも、インターネットでHITしない)

また、緊急の場合などに帰国が余儀なくされた場合に、帰りの航空券が無駄になる。

よって

最初から旅行代理店で格安航空券を購入する予定はありませんでした。

僕が検討した航空券

FIX OPEN航空券, 片道航空券

この二つです。

どちらも帰国は、とりあえずオーストラリアに行って考えるパターンです。

本当は航空券を往復買って、日程の変更だけ可能なFIX OPEN航空券にしたかったのですが、

なかなか目当ての商品を探すことができなかったので諦めました。

変更するのも追加料金が必要だったり、出国後は出来ないなど制限が多かったのも理由です。

それに…

片道航空券も時期を考えれば、かなり安く購入できます!

LCCも選択肢にあったのですが、AVODや機内食、荷物の制限もあり、今回はパスしました。

(オーストラリアは片道航空券だけでも、充分な資金があれば入国できるという情報を信じて)

実際に

JET STAR→58000円

QANTAS→62000円

そんなに値段には差はありませんでした。

もちろん、経路や機材は違うのでどちらが良いかは人によります。

まとめ

慎重派の方は→OPEN券を含む、往復航空券を購入するべき

行動派の方は→片道航空券を購入するべき

格安航空券を探す=ここがお勧め

Expedia → http://www.expedia.co.jp

Sky scanner → http://www.skyscanner.jp

DeNA travel → 格安航空券DeNAトラベル

オーストラリア行き航空券を探すには

カンタス航空 → http://www.qantas.com.au/travel/airlines/home/jp/ja

JET STAR → http://www.jetstar.com/jp/ja/home

Air Asia → http://www.airasia.com/jp/ja/home.page

JAL → https://www.jal.co.jp

 

以上を参考にして頂ければ、あなたに合った航空券が探せると思います。

コメント

Copyrighted Image

タイトルとURLをコピーしました