マネパカードという選択肢

melborune
3dman_eu / Pixabay
スポンサーリンク

こんにちは。

今回は現地での日本円の両替方法について書きます。

内容はマネパカードの宣伝ですので、興味の無い方は読み飛ばしてください。

 

海外で日本円を現地通貨に換金する方法は…

空港での両替、現地ATM、または現地通貨無しでクレジットカード払いのみ

などたくさん方法はあります。

過去に外貨両替の時の確認Pointという見出しで記事を書きましたが…

日本円を現地通貨に換金する場合には為替と手数料がかかります。

そして手間(両替所の検索)がかかります。

できるだけお得に(より多くの額に)、楽に換金したい。

それを実現する一つの方法がマネパカードです。



マネパカードの魅力について書いていきます。

マネパカードとは

FX会社のManey Partnersが発行する、海外専用のプリペイドカードです。

クレジットカードでは無いのがポイント。

海外でクレジットカードをショッピングで利用すると、手数料が約1.6%かかります。

マネパカードは、この手数料等のコストが実質半額!

プリペイドなのでチャージした額だけが使用可能。クレジットカードの様に使い過ぎの心配が無い。

カードでのショッピングはもちろん、現地ATMで現地通貨を引き出す事が可能です。

そして日本に住んでいる16歳以上なら誰でも作ることが可能です。

クレジットカードでは無いので与信審査などがありません。

もちろん年会費は無料です。

使用できる通貨は米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、香港ドルの5種類で…

あらかじめ渡航先の通貨をマネパカードにチャージしておくことで現地での使用が可能になります。

旅行に行く前にチャージしないと使えないので、必ずチャージする事を忘れないでください。

チャージと言われても、現地通貨なんかもってない…

心配不要です。

日本円をその時の為替レートでチャージ可能です。(チャージ手数料は無料)

簡単に言えばヤフーファイナンスなどに表示される額でのチャージが可能。

銀行などで換金すると、その為替レートの数円の手数料が加えられているので損。

これはカードを発行する会社がFX会社だから可能なのです。

FXについては詳しく知りたい方は…

頑張ってください。笑

マネパカードの使い方 豪ドル

このブログはメルボルンについてですので、豪ドル利用について例を書きます。

  1. メルボルンに旅行に行く前に、マネーパートナーズ指定口座に必要額をチャージする。
  2. マネパカードを持っていく。
  3. 現地でショッピングをカード払いで使う。
  4. 現地で現地通貨が必要になったら、現地ATMでマネパカードを利用して引き出す。
  5. 帰国後は余った額を日本円で引き出す。

簡単に言えば上記の様になります。

ポイントはチャージする額は必要額です。

プリペイドカードですので、チャージした額だけ使用可能。

どれだけ多くの額をチャージしても利息はつきません。現地で必要な額のみをチャージしましょう。

この時、円高ならラッキー。

チャージする時は円高の時をお勧めします。

プリペイドなのでチャージした時の額が補償されます。

(円安) 1豪ドルが90円の時に1万円チャージ → 111豪ドル

(円高) 1豪ドルが80円の時に1万円チャージ → 125豪ドル

1万円でもチャージする為替次第で大きな差が生まれます。

そしてカードは必ず持参する事。カードが無ければチャージしても意味がない。

ショッピングする場合はマネパカードで!

冒頭に書きましたが、クレジットカードで支払う場合の海外利用手数料がかかりません。

但しクレジット払いでのポイントを貯めている場合は自己判断で。笑

現地通貨は現地ATMで引き出し可能。

豪ドルの場合は現在、1回約2.5ドルのATM使用料がかかります。

少額を引き出す場合はそんなにメリットはありませんが、額が多くなる程お得です。

ATMは至る所にあるので緊急時などにも便利。

日本に帰国後は余った額を日本円で引き出す事が可能です。

しかし出金手数料が500円かかります。

必要額をチャージしましょう。

またManey PartnersにFX口座をお持ちの方はもっと楽に換金できます。

その他もっと知りたい方は →

まとめ

学生で海外旅行行くなら最適なカード。



クレジットカードは作れないけど、海外行くならカードが無いと不安な方…

為替や海外送金、海外キャッシングなどがわからない方、考えたくない方…

マネパカードがあれば海外での両替に苦労する事が減ると思います。

僕自身申し込みました。笑

いま日本から郵送して貰ってます。

また少しでも円高になった時にチャージしておきたいと思います。

 

今回はマネパカードの宣伝になりましたが、最後まで読んでくれた方ありがとうございます。

少しでもお役に立てたらと思います。

海外旅行に行くときに、大金を現金で持っていく必要はありません。

補償のついたマネパカードを持参して

安心して旅行を楽しんでください。

コメント

Copyrighted Image

タイトルとURLをコピーしました