バンクーバーでの仕事探しに関する情報を入手できる場所やWEBサイト

観光ビザで入国後、ワーホリに切り替え、その後PR取得そして現地企業で社会人やってます。

僕の実体験から、役に立ったサイトや情報収集に使った場所を紹介します。

先日「カナダでの仕事探しについての感想」についての記事を書いたので、そちらも興味があれば合わせて読んでいただければ嬉しいです↓

この記事のターゲット
  1. フルタイムの仕事を探してるPR保持者
  2. ワーホリでアルバイトを探してる人
  3. カナダで仕事探しに悩んでる学生ビザ保持者

ここまで読んで、もうちょっと読み進めてみようと思った人はまず…

就職活動用のメールアドレスを作りましょう。

迷惑メールが激増するので、グーグルやHotmailなどのフリーアドレスを作ることをおススメします。

アドレスをGETしたら、さっそく情報収集に入っていきます。

バンクーバーでの仕事探しに関する情報を入手できる場所

とりあえず図書館は「最強」です。

バンクーバーの図書館はVPLと呼ばれてます。(Vancouver Public Library

求人情報から、キャリアパス、カナダのLabor marketなど、仕事に関する情報が簡単に手に入ります。

図書館を訪れる際には、近所の支店ではなく…

ダウンタウンにある「メインの図書館」まで行きましょう。ワンフロアが丸ごと「就職、キャリア」に関する「情報誌、掲示板、コンピューター」などが設備されてます。

永住権保持者向け

PR保持者しか利用できない就職支援サービスがあるので、良し悪しは別として利用してみると良いです。

PR保持者のみ
  • Work BC
  • MOSAIC 
  • ISSBC キャリアパス

特に「MOSAIC」はカナダ移民向けのサービス(英語学習、翻訳、キャリアパスなど)を数多く展開してるのでおススメです。基本的に「無料」です。

「Work BC」は日本でいう、ハローワークにあたる場所です。Work BCにしか無い「求人」もあるのが魅力。移民に向けた就職支援サービス(レジメ・カバーレターの書き方、インタービューの訓練)は有益です。

ISSBCも上記2つと同じようなサービスを展開してますが、個人的におススメできません。僕にとっては時間の無駄でした。

上記移民向け就職支援サービスは、基本的に「アドバイス」をくれるだけです。決して登録したから「仕事」が確約される訳で無いので注意。

定期的にアドバイザー面会しなければいけないので遠方に住む人には「苦」になるかも。

実際に面談して「話す内容が無駄」な場合もあるので、仕事探しに関して後は「就職先」だけ探してる人にはおススメしません。

「行動」するのは「あなた」

上記就職支援サービスは有益ではあるけど、あくまでもアドバイスをくれるだけで「仕事」をくれる訳ではないです。アドバイザーに「責任」は無いです。

厳しいコトを書きましたが、実体験です。「あなたに同じ思いをしてほしくない」ので本音で書きました。

カナダに来て、「カナダでの仕事探しの方法を知らない人」などには有益なのは間違い無しです。

ワーホリ向け

ワーホリでカナダ満喫中に、ちょっとバイトしたい人に役に立つ場所です。

行動あるのみ
  • 実際の店舗で「Hiring」、求人張り紙があるかチェック

アルバイト探しは、基本的に「オンライン」で探します。

オンラインで申し込む場合は、面接などで「採用」まで時間がかかります。

すぐ働きたい人などは…

アルバイトしたい場所や、近所のお店を回ってみて「Hiring now」の求人張り紙があるがどうか確認するのが一番手っ取り早いです。もちろん「レジメ落とし」といって、求人の有無を問わず、片っ端からバイトしたい場所にレジメを渡す方法も一般的です。

学生向け

学生は「学校が主催する就職フェア」に参加するのが一番有益です。

または「掲示板」に貼られてる求人や、「会社説明」についての情報をいつも確認しましょう。

どんな仕事をしたいのか、キャリアパスはどうなのか?

悩んでる人は「図書館」で、情報収集しましょう。

バンクーバーでの仕事探しに関する情報を入手できるWEBサイト

バンクーバーでの仕事探しに関する情報を入手できるWEBサイトをまとめました。

参考にしてください。

現地企業に挑戦する人向け

  • Indeed ca
  • Job Bank Canada
  • Linkdin
  • Workopolis

個人的には「カナダのオンライン求人」を探すには、「indeed」だけで網羅されるのではないか?と思ってます。このサイトだけは絶対に登録しましょう。

日本人には意外と知られてない「Linkdin」ですが、海外ではよく使われてます。Linkdinにも「求人情報」はありますが、登録する目的は別にもあります。

就職したい「業界・会社」がある人には、企業リサーチに最適。

その会社で働いている従業員を調べるコトができ、上手くいけばコネクションを作れる。

残りの2つは実際に僕が「Indeed」と別に登録したWEBサイトです。一応載せときます。

日系のバイト先を探す人向け

日本人向けの求人サイトはいくつかありますが、僕がおススメするのは「人材CANADA」です。

信頼度が高そうで、スパムが少ない印象。

僕自身、過去に「人材カナダ」の求人を通してバイトを見つけました。

比較的、高頻度で「求人内容」が入れ替わってるので頻繁にチェックすると良いと思います。

長期に渡り求人を募集してる場所は、「何かしら」の原因があるというコトだと思うので…もし申し込む場合には注意するコトが必要です。(バンクーバーの求人倍率は高いので仕事を見つけるのは意外に大変)

「スピード」と「タイミング」が大切です。

バンクーバーでの仕事探しに関する情報

カナダに来てから仕事を探すのも良いですが、「スピード」と「タイミング」が大切なので…

事前に「計画」を建てておくと、出遅れません。

基本はオンラインで情報収集、決めたら「即行動」を心がけるコトが大切だと思ってます。

まずは「どういう環境、仕事がやりたいのか」、業界を絞るコト。

それがバンクーバーでの仕事探しに関する情報集めにかける時間の短縮につながると思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアしてくれね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyrighted Image