バンクーバーからバンフに車で行くならRevelstoke(レベルストーク)は絶対外せないよ(10月編)

oznor

バンクーバーからバンフまで車でドライブ観光してきました。

バンフに行くのを決めてから同僚や知人におススメ観光地などを相談すると…

Nelson:ネルソン」と「Revelstoke:レベルストーク」の2つの町が意外と良いとおススメされたので、どちらの町にも立ち寄るコトにしました。

ここではRevelstoke:レベルストークについて書きます。

結論

バンフ以上に良い場所でした。

もう1泊追加しとけば良かったと後悔…

カフェ、鉄道オタク、トレッキング好きには100%おススメです。

ドライブについての詳細は↓

バンフの観光については↓

この記事を読んで欲しい人
  • レブルストークの観光場所を調べてる人
  • 1泊2日のスケジュールで滞在予定の人
  • おすすめカフェを知りたい人

実際にレブルストークに訪れたのは、オフシーズンの10月後半です。

この時期でも「観光できた場所」について書きます。

Revelstokeがおススメな理由

Revelstokeはバンクーバーとバンフの間にある「小さな町」です。

  • バンクーバーから約560km
  • バンフからは約280km

長距離ドライブが苦手な人には嬉しい。いい感じの距離感の場所に位置してるのがGood。

Revelstokeの魅力

レブルストーク周辺に「Glacier National Park:グレーシャー国立公園」と「Mount Revelstoke National Parkマウント・レヴェルストーク国立公園」があるので、温かい時期にはハイキングやバイク、雪が積もる時期にはスキーやスノボといったアウトドアのメッカとして有名。

もちろんその通りなのですが…

僕がレベルストークを訪れたのが10月ということもあって、100%アウトドアを楽しめる環境ではありませんでした。スキーが出来る程に雪は積もっておらず、雪の影響でハイキングできる場所も限られてました。

制限された中でのレブルストークの観光でしたが、充分以上に楽しむことが出来たのが本音です。

10月でも楽しめるよ
  • 初級者向けのハイキング
  • ビール工場でクラフトビール
  • レベルストークの町中を探索

オフシーズンの10月でこれくらい楽しめたと伝われば、シーズン中はどうなのか期待できるのでは?

観光できた場所

積雪の影響もあり、「Revelstoke Mountain Resort:レヴェルストーク・マウンテン・リゾート」や「Meadows in the sky Pkwy:メドーズ・イン・ザ・パークウェイ」などの、メジャーな観光地はクローズされてました。

アウトドア系
  • Nels Nelsen Historic Ski Jump
  • Giant Cedars Boardwalk Trail
  • Begbie Falls trail
  • Hemlock Grove Boardwalk
インドア系
  • Revelstoke Railway Museum
カフェ・レストラン
  • Mt. Begbie brewery
  • La Baguette
  • Chubby Funsters Kitchen and Cocktails
  • The Modern Bakeshop & Cafe

アウトドア

Nels Nelsen Historic Ski Jump

満足度 ★★★★★

Nels Nelsen Historic Ski Jumpは、Mt Revelstokeの中にあります。

地図上では積雪により閉鎖されてた「Meadows in the sky」の道中に位置するので、Nels Nelsen Historic Ski Jumpも同様にクローズされてると思いましたがオープンしてました。

Nels Nelsen Historic Ski Jumpは「Meadows in the sky」の入口の手前にあるみたいです。

満足度にあるように、ココはおススメ。

ジャンプ場までトレッキングするコトが可能で、実際にスキージャンプする高台からの景色を楽しめました。駐車場にはトイレも完備されてます。

熊が出るエリアなので注意は必要。

Giant Cedars Boardwalk Trail

満足度 ★★★★☆

「Giant Cedars Boardwalk Trail:ジャイアント・シダーズ・ボードウォーク・トレイル」は初心者向けのトレッキング・コースです。

サクっと一周できるので、運動が苦手な人でも、時間が無い人にもおススメです。15分あれば一周できます。駐車場にはトイレも完備されてます。

ハイキング上級者には物足りないかもしれません。

Begbie Falls

満足度 ★★☆☆☆

「Begbie Falls:ベグビー・フォールズ」までトレイルは滑りやすいので注意しながらハイキングする必要があります。

滝までのトレッキング・コースの入り口が数か所あります。歩きたい距離によりスタート地点を決めると良いと思います。滝までの距離が一番短いスタート地点をマップとして載せますが、ココまでの車道は「狭い」です。対向車線がこないコトを祈りながら進みます。

Begbie Fallsの他にも、「Sutherland falls」という滝までのトレイルがBegbie Fallsの近場にあるのですが、雪の影響で10月後半にはクローズされてました。

Hemlock Grove Boardwalk

満足度 ★★★★☆

「Hemlock Grove Boardwalk:ヘムロック・グローブ・ボードウォーク」は、初級者向けのトレッキング・コースです。

Giant Cedars Boardwalk Trailと同様に、サクっと一周できます。運動が苦手な人でも、時間が無い人にもおススメです。15分あれば一周できます。駐車場にはトイレも完備されてます。

ハイキング上級者には物足りないかもしれません。

インドア

Revelstokeの醍醐味は「アウトドア系のアクティビティ」ですが、天候の理由などで時間を持て余す場合におススメなのが「Revelstoke Railway Museum」です。

Revelstoke Railway Museum

満足度 ★★★★☆

「Revelstoke Railway Museum:鉄道博物館」は、レブルストークの町が創られた「きっかけ」となった鉄道について学べる場所です。

CPR:Canadian Pacific Railway.

いわゆる「国鉄」で、鉄道のおかげでレブルストークが発展したのです。

博物館の中で2時間は過ごせます。

レストラン・カフェ

レストランやカフェはレブルストークの町中に凝縮されていて、少し町を離れると「Mt. Begbie brewery」以外に何もありません。

数多くあるレストラン・カフェなどから、実際に行った場所を紹介します。

Mt. Begbie brewery

満足度 ★★★★★

超・おススメ。

地元のクラフト・ビールが飲めます。ビール美味しいです。

難点はレブルストークの町から離れてる場所にあるので、宿泊施設によってアクセスが面倒くさいこと。日本でいう「代行」のシステムもレブルストークにあるので、飲んだ後でも安心です。

La Baguette

満足度 ★★★★★

レブルストークで嬉しかったのが、カフェで「Flat White」を飲めたコト。

Flat Whiteはオーストラリアで大好きで、メルボルンを離れてから飲めなかったので…レブルストークのカフェで見つけた時はめちゃくちゃ嬉しかったです。

僕の奥さん曰く…オーストラリア訛りの英語を喋る人が多くいたそう。

それが関係あるのかも。

La Baguetteではお洒落なブレックファーストが食べれます。

Chubby Funsters Kitchen and Cocktails

満足度 ★★★☆☆

パブ?カフェ?

たぶんスポーツ・バーです。

基本ビールが無いとダメなので、必然的にディナーはこういう場所になります。

あと…こういう場所での人間観察は意外に面白いです。色んな人がいます。

普通に美味しかったですが、飲みすぎるとすぐ「$100」超えます。

レブルストークの物価は高めです。

The Modern Bakeshop & Cafe

満足度 ★★★★☆

コーヒーが美味しい。

ラズベリー・スコーンが美味しかったです。

朝食はココで決まり。

クロワッサンにハムとかチーズ挟んだやつが、美味しかったです。

レブルストークにくる前に準備するモノ

準備するもの
  • Discovery Pass
  • 熊スプレー

レブルストークのアウトドア・アクティビティを満喫するには「Discovery Pass」が必要な場所がほとんどです。現地でも購入できますが、事前にオンラインで購入するほうが手間が省けて便利です。

Discovery passとは、カナダにある国立公園などに立ち入る際に必要な入場パスです。

年間パスとデイリーパスがあります。

参照元→https://www.pc.gc.ca/en/voyage-travel/admission/particip

そして忘れてはならないアイテム…

熊スプレー

レブルストークがグリズリーベア、ブラックベアが共に生息する地域です。最悪の事態に備えることが大切。しっかり準備することでアウトドア・アクティビティをより満喫できると思います。

Revelstokeをもっと知ってほしい

いかがでしたか?

レブルストークは小さな町ですが、魅力いっぱいです。

バンフが近くにあることで、その魅力を消されてますが…

バンフ以上に魅力的な場所でした。

もし興味があれば、バンフまでのロードトリップについても読んでいただけると嬉しいです。

ドライブについての詳細は↓

バンフの観光については↓

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

シェアしてくれね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyrighted Image