スーパーマーケット事情

melborune
howliekat / Pixabay
スポンサーリンク

こんにちは。

ワーホリも残り2か月となり、いよいよ集大成です。

慌ただしく毎日が過ぎていき、ラストスパートって感じです。

つい先日帰国便の航空券も購入しました。

寂しくなります。

 

今後は1年メルボルンの生活情報なんかも記事にできればと思います。

では…

今日はメルボルンのスーパーマーケットについてです。

メルボルンのスーパーマーケット

メルボルンには大きく分けて3つのスーパーマーケットがあります。

メルボルンの至る所に展開しているので、メルボルンにくれば確実に訪れる場所だと思います。

Woolworths

3社の中では一番日本人に合うスーパーかもしれません。

理由はアジア食材のコーナーが比較的充実しているからです。

寿司コーナーがある店舗もあるのも特徴です。

お菓子なんかもここで買う方が日本人の趣味に合うと思います。

Coles

僕が一番通うスーパーがここです。

理由は近所だから。笑

3社の中では一番オーストラリア人向けのスーパーだと思います。

一回の買い物で30ドル以上購入すると、Colesのガソリンスタンドでの給油時に使える割引券を貰えます。

車を運転する人にはお勧めです。これは会員にならなくても貰えます。

1litterにつき4セントの割引です。

塵も積もれば山となるので、お勧めの節約方法です。

Aldi

個人的には、ここが一番お勧めです。

理由は値段です。3社の中では一番安いです。

店舗の数が残り2社に比べて少ないですが、近所にあるなら断然お得です。

お店の中央に開かれてるガラクタ市も、意外と嬉しい。

一般的には

共通する事は売っている品物のボリュームです。

日本に比べると大きい。

お肉を例にとると…豚バラ、焼き肉なんかはありません。

ブロック売りです。

是非お肉の部位の名前を憶えておきましょう。きっと役に立ちます。

あとは…

野菜や穀物などは重さ売りです。

個数なんかは珍しく、1kgで5ドルみたいな感覚です。

最初は結構値段の相場が分からず結構戸惑うと思います。

僕はスイカで一度痛い目に遭いました。

1kgが2ドルという表示だったので、1玉持っていった所…

5kgで10ドル取られました。笑

重さの感覚が全然分からず、スイカも全部食べきる事ができませんでした。

まとめ

ほとんどの食べ物はこのスーパーマーケットで事足ります。

もちろん食品だけでなく、薬や衣服などの日用品も購入する事ができます。

故に近所に1つあればコンビニ感覚で使え、非常に便利です。

逆に困る事と言えば…

「日本食が食べたい」

などと思ってしまった時に、品ぞろえが悪いという事です。

そんな場合はアジアンスーパーに行くしかありません。

メルボルンには不二マートという日本食専門スーパーがありますが…

はっきり言って日本と比べると、商品の値段がかなり高いです。

どうせだったら

日本から持ち込みましょう!!

コメント

Copyrighted Image

タイトルとURLをコピーしました