バンクーバーにあるクラフトビールは上手い。Storm Brewing編。

ビール
スポンサーリンク

バンクーバーには色んな種類のビールがあります。ラガー(Lager)、エール(Ale)、ピルスナー(Pilsner)、アイピーエー(IPA)がメインですが、造り手によって味は変わってきます。小さなビール酒造(brewery)が数多くバンクーバーにはあり、それぞれ手作りのクラフトビールを作っています。特に美味しいのがエールで、中でもバナナの匂いがするフルーティな味のビールの虜になってしまいました。

日本でも最近クラフトビールが増えてきてますが、まだまだ海外のレベルには及びません。むしろ日本はアサヒやキリン、サッポロという大手が販売しているラガービールの1択と言っても過言ではありません。

ですので…海外旅行に出かけた際には、現地のビールを楽しむのもいいかもしれません。その場合にはラガーではなく、他の種類のビールを試してみて。

僕自身ビールが好きなのと、バンクーバーにはクラフトビールが数多くあるという事で少しづつ紹介していけたらいいなと思います。

今回はStorm Brewingです。友達のお勧めです。さぁ結果はいかに…

Storm Brewing

イーストバンクーバーにある小さなビール酒造。グーグルマップが無いと中々見つける事ができないと思います。外観もそうですが、中に入ると一目瞭然。見るからに「手作りビールです」そんな雰囲気を漂わせる場所で、狭い店内には多くの人がビールのテイスティングを楽しんでます。そうです。ココの良い所はテイスティングなんです。

 

一人6杯までテイスティングが出来ます。同じ物は飲むことができません。6杯のテイスティングで大体1パイント(約500ml)くらい飲めます。気になる料金は無料…ではなく寄付という形。あなた次第です。僕は2CAD払いました。笑

テイスティングの後は気に入ったビールを購入するのもOK。テイスティングだけで帰ってもOK。スタッフの人達はみんな陽気で、絡みやすい人達ばかりでした。あと周りにいる人ともビールについて会話する機会があるかも。そんなフランクな場所です。

注意点は…ビールが飲めるのは店内だけ。バンクーバーは飲酒に厳しいです。気を付けましょう。

店内の様子

Storm Brewingはビールを少数生産しています。ですので行く日によってビールのラインナップが違うかもしれません。何度か通って自分好みのビールを探すのもいいかも。

店内に入るとデビルさん達が迎えてくれます

カウンターです

↑写真に写ってる人達は気さくな店員の方々

僕が行った時のラインナップは…

  • Pineapple Upside Down Ale
  • Snake eyes
  • Vanilla Whiskey
  • Blackberry
  • Oregon Grape Root

これとは別にメインメニュー(定番)として…

  • Precipitation Pilsner
  • Highland Scottish Ale
  • Hurricane IPA
  • Black Placue Stout

アルコール度数が11%と非常に高いビンテージビールの…

  • Imperial Flanders Ale

この中から6種類まで選んで試飲する事ができます。変わり種のビールは数種類必ず飲む事をお勧めします。美味しいというより…「こんなビールあるんだっ」そんな刺激に出会えます。店員さんお勧めは「ハリケーンIPA」で、実際飲んでみて僕はコレが一番美味しかったです。

店内にはビールマシーンもあります

何やら不気味なビンがいっぱいあります

オレゴンやら、ポップなど手作りで瓶詰めされてます

お店の外観

小さな看板があります(今から飲みます)

壁の落書きが目印(飲み終わりました)

奥にシャッターの入り口があります

まとめ

この記事を読んで、ビールが飲みたくなってくれると嬉しいです。バンクーバーに滞在もしくは観光で来た際には、どこか一つはビール酒造もしくは工場に見学にいくといいと思います。Storm Brewingは変わり種のビールが揃えられているので、テイスティングを楽しぶんには持って来いのビール酒造だと思います。

Twitterなんかでバンクーバーで売ってる缶ビールの外観なんかもつぶやこうと思います。パッケージも可愛いビールがたくさんあります。皆さんにビールの種類の多さなんかを伝えられたらと考えてます。

最後までありがとうございました。

コメント

Copyrighted Image

タイトルとURLをコピーしました